禁煙治療をマジで考えてチャンピックスにサポート希望

チャンピックスの服用方法

チャンピックスは禁煙治療に効果が高いとされている薬になります。ここではなぜチャンピックスが禁煙治療に向いているのかどのような効果があるのか服用方法はどのようなものなのかなどをご紹介していくので、禁煙したいと考えている人は是非参考にしてください。
まず効果についてご紹介していきます。タバコを吸ってしまうと脳に存在しているニコチン受容体という場所にニコチンがくっついてしまって気持ち良いと感じるドーパミンという物質が出てしまいます。この薬はニコチン受容体とくっつくことで、ニコチンがくっついたときよりも少ないドーパミンを出して、ニコチンが切れてイライラしている症状を弱めてくれます。それ以外にもニコチンがニコチン受容体とくっつくことを邪魔するという働きもあります。この働きにより禁煙している時にもしもタバコを吸ってしまってもあまり美味しいと感じることがなく禁煙しやすくなるのです。
この薬の飲む前に気を付けないといけないことは、かゆみなどのアレルギーが出たことがある、腎臓に病気がある、妊娠している、授乳中である、精神疾患があるなどとなります。これらの場合は使い始める前に医者に相談しないといけません。また他の禁煙補助剤との併用も禁止されているため覚えておきましょう。
現在確認されている副作用は吐き気、頭痛、お腹の痛み、便秘、不眠などとなります。特に吐き気を感じることがあるため食事をし終わった後に飲むようにしましょう。副作用は特に気にしなくても問題ありませんが、症状が酷い場合や他にも不快な症状が出た場合は医師に相談するようにしましょう。
ここからはこの薬の服用方法についてご紹介していきます。禁煙を始める予定の1週間前からこの薬を飲み始めましょう。そして服用して8日目から禁煙しましょう。もしも8日経つ前からタバコを吸わなくなった場合は、そこから禁煙を開始してしまって問題ありません。飲み始めの一週間はタバコを吸いながらの服用で問題ありません。薬の量は飲み始めて1~3日目は0,5mgを1日1回、4~7日目は0,5mgを1日2回、8日目以降は1mgを1日2回を飲むようにしましょう。
この薬の購入方法は病院で処方してもらうことと個人輸入で購入することになります。病院で処方してもらう場合はチェックが通ると保険が適応されるのですが、このチェックを通ることが非常に難しくなっています。そのため保険適応外になるのであれば最初から個人輸入で購入したほうが安くなります。